読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

質的と量的の違いについて調べてみた

心理学の本を読むのが好きなのですが、読み物として読むのも良いけれども、学問としてすこし足を踏み入れたい!と思うこの頃でして

今回、「質的研究」と「量的研究」に関して調べてみました。

定義、目的、特長、適している調査の項目を比較していきたいと思います。

 

①定義

【質的研究とは?】

被験者が表現した内容に関して主観的な意味内容に焦点を当てて、状況や場面、被験者自身を含めた
文脈の全体性について、取材や観察法によって解釈的理解を行う研究

 

 
【量的研究とは?】
複数のサンプルからデータを収集し、事象を数値化。統計的に分析
仮説を変数関係という量的データとして設定、測定し統計的にその妥当性を検証する
 
②目的
 【質的研究】

参加者の経験と生活世界の説明理解。 データから理論を生成 

 【量的研究】

因果関係を説明するための調査、仮説、予測

 

③特徴

 【質的研究】

真実性、主観的、領域的固有性

 

 【量的研究】

外的妥当性、信頼性、一般化正当性

 

④適している調査

【質的研究】

「仮説生成型」

 【量的研究】

「仮説検証型」

 以上、ざっくりとまとめました。

 

今回、調べてみて分かった事は、それぞれに客観性、主観性と明確に差があるけれども

どっちが正しく、間違っているかという話しではないという事です。

質的と量的は互いが補完しあう関係が理想なのかな??

ただし、質的調査は主観要素が強くなるので、仮説を立てる際の客観性も必要だという事も書いてあり、なるほどなぁ。と関心してしまいました。笑

今後、ネットや本で何らかの情報を目にする前にその情報は何を基に作られた情報であるのか

自分の中にフィルターを作っておくと良いかもしれませんね。

 

 

 

【プロカウンセラーの聞く技術】を読んだよ

久しぶりの読書ログです。

 

最低週一で一冊は読んでますが、そのアウトプットが追いつきません

 

書くの下手くそ過ぎて億劫になってます笑

 

今回、この本を読んだ理由は、

今後、メンタルマネジメントをサポートする仕事もしてみたい自分にとって

 

相手の話を聞く技術を身に付けたい

と思ったからです。

 

 

今回の本はいざ読んでみると実践的な事というよりはえ、読み物としての要素が強かったです。

 

なので、ざっくりと今後実践してみようと思った事をまとめます。

 

①相槌の種類を増やす

 

②相手の考えは相手の考えでしかないと認識して話を聞く

③自分の話はしない

 

 

今後のブログの方針について考える

◆音楽

 

◆メンタルマネジメント

 

◆デザイン

 

◆ライティング

 

◆本

 

◆雑記

 

これからは主にこれをテーマに記事を書いていこうと思います。

特に今、メンタルマネジメントに関して独学で本を結構読んでいるので

読んで得た情報をアウトプットをしていけたらなと思います。

 

 

時間管理の本を読んでグッときた7つのポイント

今日はこの本を読みました!

 

TIME HACKS!

TIME HACKS!

 

 

発売年が2006年で、古いと思いきや(実際紹介されている携帯はガラケーでした笑)

本質的なところでは参考になる内容が多かったです。

10年前の本でも今言われている事と変わらないのかぁと感心しました。

 

今回は、私が良いと実践しようと思った時間管理術7つをまとめたいと思います。twitterで一部紹介したけど全く注目されなかったのでここでまとめますww

 

①ToDoリストは付箋で管理する

→見えるところに貼る事と、緊急度でレベル分けすると良い

 

②NotToDoリストを作る

→①の課題を阻害するものをリストアップして止める

 

③コミュニケーションを定形化する

 

④単語登録を活用する

 

⑤打ち合わせは立ち話で済ませる

 

⑥3ヶ月毎のスケジュールで旅行の計画をたてる

 

⑦常にゴールをイメージする

 

以上です。

ある意味当たり前な事ですが、当たり前な事を続けるのが難しいんだこれが.....

特に私は、⑤の打ち合わせは立ち話で済ませる

とありますが、これこそ職場で実践してみたい所ですよね。

 

職場の同年代の人と打ち合わせをする時にやってみようかな。

急に上司相手だとやりづらいですよねww

 

 

はじめやすいスポーツ 

お久しぶりの更新です。 10日に一回のペースで更新ですかね?笑

 

今回のテーマは【ボルダリング】です。

 

ここ最近でボルダリングって良く耳にしますよね。

実は私、昨日ボルダリングに行ってきたんです。

昨年の年末に初めて行って以来の二回目でして、

 

ボルダリングは、とっても始めやすい初心者に優しいスポーツなんです!

 

今回はそんなボルダリングの概要を紹介したいと思います。

 

ボルダリングとは?】

 

 ボルダリング(Bouldering)とは、フリークライミングの一種で最低限の道具(シューズとチョーク)で岩や石を登るスポーツである。

 

要は、自分の手と足(と頭)を使って壁に付けられた様々な形をした石を

登っていくスポーツです。 シンプルですよね。

 

f:id:tobiuolife:20170115123758j:plain

写真だとこのような感じです!

イメージできましたか?

 

【持ち物はスポーツウエアのみでOK!】

ボルダリングをするために必要なものは

シューズとチョーク(手に付けるすべり止め)ですが、

こちらはほとんどの、ボルダリングジムでレンタルできるので

運動できそうな恰好をしていれば、すぐに登れてしまいます!

ボルダリングジムに行くだけでできてしまうんです!

 

ボルダリングのルール....教えてくれるよ!】

初めてボルダリングをします!という人にはジムにいるお兄さんやお姉さんが
優しくくれるジムがあります!
今はほとんどのジムでこのような初心者講習をやってくれるので安心して始められます。

 

今回は一般的な事を紹介しました。

次回は初めてボルダリングをしてみて分かったことを書こうと思います。

【第二言語習得論に基づく、もっとも効率的な英語学習法】

英語を筆頭とする、第二言語の学習には効率的に成果を出すことが出来る方法があるようです。

 

 ◆半年かけた計画的な学習

 

一番重要なポイントとして以下の点ががあります。(6つあります)

 

①文法のコアを自然順序仮説に沿って学習する

→2か月

 

②十分な量の英語をインプットする

→2か月

 

③「受信型の英語」から「発信型の英語」へ切り替える

→2週間

 

④「発信型の英語」から「相互理解のための英語」へ切り替える

→1か月

 

⑤自分の英語をモニタリングする方法を身に付ける

→2週間

 

⑥学習方法をカスタマイズし、学習を継続する

 

以上がポイントになります。

 

こちらの本では、半年をかけて上記のポイントに沿って学習する様です。

自然順序仮説という「大人の頭で分かりやすい順序」で学ぶ事が重要な様で、

【マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)】 をお勧めしています。

↓↓ 

マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)第3版 (Basic Grammar in Use)

マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)第3版 (Basic Grammar in Use)

  • 作者: Raymond Murphy,William R. Smalzer (執筆協力),渡辺雅仁(翻訳),田島祐規子(翻訳),William R. Smalzer (執筆協力);渡辺雅仁(翻訳);田島祐規子(翻訳)
  • 出版社/メーカー: Cambridge University Press
  • 発売日: 2016/10/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

私もこの本を購入しようと書店を数か所回りましたが、在庫が無く購入することができませんでした。

 

このタイミングで電子書籍を初購入するのもありかな?と思っております。

※この本が電子書籍で販売されているかも知りませんが。。笑

 

◆最後に

このような学習法の本は、読むのは早く済ませとにかく実践をすることが大事!

と思っています。

なので、早く文法の本が欲しい!笑

皆さんも、一緒に英語を勉強しましょう!

 

 

 

 

 

お久しぶり更新

お久しぶりです。

 

今まで合計10アクセスしかしていないブログですけれども

 

再開します。

 

週一程で更新していこうと思います。

 

ダイエット記録や、読書記録に主に活用していく予定です。

 

改めまして、よろしくお願いします!

 

それでは!